高所点検システム 赤外線建物診断

塗茂では、高所点検システム・赤外線カメラを導入しております。

高所点検ポールカメラシステム

足場や梯子を建てずに地上から約10Mの高さまで点検・撮影する事が出来ます。 ◎タブレットモニターで屋根の状況をリアルタイムで確認できます。 ◎調査対象物に触れることがないので破損被害を起こしません。 ◎点検時の足場が不要になる為、足場費用が掛かりません。 ※天候・建造物周辺状況により足場の設置が必要な場合もあります。
  • 使用機材

  • 点検時の作業状況

  • 点検時のモニター画面

  • 実際に撮影した屋根写真①

  • 実際に撮影した屋根写真②

赤外線カメラによるサーモグラフィー建物診断

赤外線サーモグラフィ
赤外線カメラによる建物診断・漏水調査を行えます。 調査対象物の表面温度を可視化し、周辺の温度差により異常箇所を特定します。

外壁の剥離・浮部・断熱不良・漏水を早期発見

見た目では異常がないように思える箇所でも内部での異常を早期に発見する事ができます。 非接触・非破壊調査です。 ※天候により調査を行えない場合があります。 ※建造物周辺状況により足場の設置が必要な場合もあります。
赤外線サーモグラフィ
赤外線サーモグラフィはヒーティング機器や換気空調、エアコンなどの点検にも最適です。 サーモグラフィで温度分布を確認することにより、ラジエーターのつまりや熱漏れなど、 異常のある箇所を早急に見つけることができます。

調査報告書の提出

  • レポート作成

  • 調査報告書 サンプル


調査終了後、後日報告書を提出させて頂きます。

赤外線調査の流れ(漏水の場合)

1. 現場調査 ・・・ 調査前に現場状況や症状を目視で確認させて頂きます。
2. 赤外線調査 -1回目- ・・・ 散水前 赤外線撮影を行います。
3. 散水試験 ・・・ 散水開始 1時間~2時間程 (現場の水道をお借りさせて頂きます)
4. 赤外線調査 -2回目- ・・・ 散水後 もう一度赤外線撮影を行います。
5. 調査報告書提出 ・・・ 調査報告書の提出をさせて頂きます。


※ 異常個所が見つかった場合に改修工事をご希望せれる場合は後日お見積りを提出させて頂きます。
※ 現場によっては足場設置が必要な場合もございます。
※ 熱(温度)による調査の為、天候によっては調査が行えない場合がございます。