足立区で外壁塗装、屋根塗装、雨漏り・各種防水工事をお探しなら地域密着企業「塗茂(ぬりしげ)」へ安心してお任せください

塗装・防水

屋根塗装

太陽からの紫外線や、熱・酸性雨などにさらされ、屋根は常に過酷な環境に置かれています。塗装を必要とするコロニアル(スレート)屋根などは経年劣化により塗膜の防水性を失い、雨水がしみこみやすくなります。これを放置しておくと、コケ・藻の発生やヒビ割れ・下地の反りなどを引き起こし、屋根の耐久性を低下させる原因となります。

⽡棒(トタン屋根)塗装⼯事

瓦棒(トタン屋根)塗装工事剥がれかかった箇所や錆を入念に落としています。活膜(塗膜がしっかりしているところ)は残して錆は完全に除去します。
トタン屋根は金属です。金属は結局の所塗膜で生かされてます。素地まで削ってしまうと、水に弱くすぐ雨等で錆が発生してしまいます。
ですので、ケレンした箇所はその日の内に錆止め塗装まで完了しておきます。(ケレン後の洗浄はしません)

屋根塗替え⼯事

長年、紫外線や風雨に晒されると塗膜が剥がれ、瓦は劣化していきます。塗替えによって写真のように見た目だけでなく耐久性が向上し、屋根が生まれ変わります。
(劣化の状況によっては葺き替えをご提案する場合もございます)

外壁塗装

外壁の塗替えは新築後で8〜15年、その後は10〜15年サイクルで必要になると言われています。
建物の美観だけでなく家そのものを保護する役目がある外壁。外壁のメンテナンスは建物の寿命を延ばすことにつながります。
「もしかしたら…」と思ったら早めの対処をおすすめいたします。

モルタル・コンクリート・ALC塗装

これらは、意匠性を残すタイプ・状況などから意匠替えをするタイプがあります。
さまざまな表現を可能とします。

サイディング塗装

高意匠のサイディングボードの模様を、そのまま美しく保ちます。
表現の仕方は主に2種類あり
既存のサイディング模様をそのまま表現する《クリヤー塗装》
単色・複色(二色)にて色味を表現する《塗りつぶし塗装》に分けられます。
※クリヤー塗装に関しては既存状態が良い物に限ります。

防水工事

鉄筋コンクリートの建造物では、防水が必要不可欠です。
多くのビルで用いられているアスファルト防水は、アスファルトは乾燥後にに0.02%程度の初期硬化収縮による、ヘアークラック(幅0.02mm以下)が発生します。
その後、建物の動きや温度変化によってクラックが成長、構造クラック(幅0.03mm以上のもの)になることが知られています。
クラックは劣化・漏水につながるため現在では、シートや塗膜を用いての防水を施すのが主流になってきました。このように防水工事は、建物や環境にもっとも適した工法を選択する必要があるのです。

FRP防⽔

耐久性と防水性の両方を兼ね備えたFRP防水は、形状加工が容易かつ軽量なため、使用用途は無限大です。
金属や木材と違い、成形工場で樹脂とガラス繊維を組み合わせて材料を合成するので、強化材の割合を加減したり、樹脂の種類を選ぶことによって要求特性に応じた製品を得ることが可能です。
また、さびたり腐ったりしないので、普通に使えば嫌になるくらい長持ちし、その間面倒な保守管理も殆ど必要が無いほど便利な材料なのです。
万一過って破損する事があっても、割合容易に補修する事が出来るのも大きな特徴で、プラスチック系材料の中では他に類の無い、FRPだけの利点なのです。

ウレタン防⽔

ベランダの防水はウレタン防水が主流になります。
その特徴として防水層が軽量で負担が少なく、ウレタン塗膜が複雑な形状にも容易に対応できるため、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できるところがあげられます。